飾ることなく・・・

お仕事

北海道の秋は早い。

そんな9月の1日、私は久しぶりの仕事復帰を果たしました‼

就労支援のお仕事。”看護師”という肩書きで採用していただきました。

仕事の内容は

・利用者様の健康チェック
・生活指導
・精神面での相談
です。

私はひさしぶりの仕事に「さぁ!どんなふうに関わっていこうか?」
と、意気込み職場に向かいます。

血圧測定、検温、その日の状態をチェックリストにそって質問する。おひとりに関わる時間は10分~15分くらい。

それほど会話も進まず、次の方を呼ぶ・・・。

「こんなんじゃダメだ!なにか役立つ助言をしたり、運動を促したりしないと・・・!!」
そう思った私は、家に帰ってきてから看護師らしい健康指導について検索。(これはこれでいいこと)

そして、次の面談のときに誇らしげに説明したりしていました。
私の話に利用者様は丁寧に頭を下げ、笑顔で「ありがとうございました。」と喜んでくださいました。

よかった~!!
次は何を助言しよう・・・。    あれれ・・・?  なににしよう・・・?

そんなときに現れてくださる「心の友」たち。

「”なにかしてあげよう”じゃなく、利用者様のことを知って、寄り添っていくこと、それがちえさんのお仕事ね。」

自分をおおきく、えらく見せようとせず、「飾ることなく」そのままで、と言ってくださる友の言葉。

自分が傲慢だったなぁと改めて感じました。

翌日、利用者様の仕事風景や、会話しているときの表情をよく見てみると・・・。

とても純粋で、一生懸命。そして礼儀正しくて謙虚なんです。

私の方が教えられること、たくさんあります。

私はこの方達の”看護師”として、上からみることなく横にならんで、健康な生活が維持できるように応援していきたいと思います。


タイトルとURLをコピーしました