Give and take

日記

先日、何年かぶりに従兄弟が会いに来てくれました。

緊急事態宣言が解除になったので

ちゃんとワクチンも済ませ、PCR検査も2回もやり、陰性であることを確認して。

元気な笑顔を見られて本当にうれしかったです。

「小さいころにいっぱい遊んでもらったから!」と毎回いってくれます。

私の方が遊んでもらってたように思います。

従兄弟が自分の大事な時間を使って、お土産を選んで、会いに来てくれて。

本当にありがたいなぁと思います。

最近、give and takeという言葉が心によぎります。

例えば甥っ子や姪っ子からの贈りもの。

赤ちゃんのころから、近くにいて、ときどきお小遣いをあげたり、お年玉をあげていました。

もう大人になり、それぞれ独立し、今は遠いところに住んでいます。

そんな彼らからご当地の美味しいお菓子や果物が届きます。

その物ももちろん嬉しいですが、送るためにつかう時間や労力。

それは自分の時間を相手のために使うことなので、相手を思っていないとできないことです。

従兄弟も甥っ子や姪っ子も、小さいころに受けたgiveを今お返ししているのかなぁ・・・。

ありがとう・・・。

そして、ずっと私にgiveし続けてくださる友人達がいます。

いつも、絶妙なタイミングでメールをくださったり、お電話をくださったり、本を送ってくださったり・・・。

私のために、時間を使って下さること・・・。そのことが本当にうれしいです。

私もいつかお返しできたら・・・と思っています。

そういえば、私達は神様からもたくさんのものをgiveされています。

空気、水、自然、すべてのものを・・・。

神様からのたくさんのgiveに感謝します。

与えなさい。そうすれば、あなたがたも与えられる。   ルカ6章38節

ただで受けるのだからただで与えなさい。        マタイ10章8節

受けるより与えるほうが幸いである。          使徒20章35節

タイトルとURLをコピーしました